関関同立の英語の入試について解説したいと思います。

 

まず、関関同立の問題は英語の場合、長文重視の関大・同志社パターン
文法・語法・総合力重視の関学・立命パターンに分かれます。

 

模試とかでは文法・語法も出題されて総合力を問うものが多いので
偏差値を参考に志望校を決めるなら、関学か立命館をメインに受験した方がいいです。

 

また長文読解がどうしても苦手の受験生の場合、
関学・立命パターン特に立命館を軸に受験するのがいいでしょう。

 

とはいえ、関大も同志社も英語の長文問題の中で
文法・語法を問う問題が出題されるので
決して文法・語法問題をあなどってはいけません。

スポンサーリンク

他の特徴として関大・同志社は合格最低点がきわめて高いので
入試本番で8割狙っていきたいところです。

 

同志社大志望のあなたも関大の問題を難しくしたのが同志社の問題なので
関大の過去問をまずは徹底的に繰り返し基本を身につけた上で、
そこから同志社の過去問を繰り返しやるようにした方がいいです。

 

関関同立の英語の難易度は関学>同志社>関大・立命館で関学が最も難しいです。
偏差値では同志社が頭一つ抜けてきていますけど、
英語の難易度で言えば関学の方が昔から難しい傾向にあります。

 

過去問を早い時期から取り組み、傾向をつかんだうえで
制限時間の8がけぐらいで解けるように普段から演習しておくことが重要。

 

立命館は比較的問題が取り組みやすいので、
文法・語法・会話文が得意だが長文読解が苦手なあなたも高得点が狙いやすく、
関大ほど合格最低点も高くないので、おすすめです。

 

関関同立を受験する際に、最も重要なのは
過去問を見て、問題の相性が合うのはどこか?これだと思います。

 

ですので、受験生のあなたは出来るだけ早い段階で赤本を見て、
過去問をリサーチしてその上で受験する大学を決める。

 

あとはひたすら関関同立の過去問の問題演習をどんどんこなしていくことで、
合格にかなり近づくと思います。