関関同立入試科目別難易度ランキング一覧

  • 英語
  • 同志社・関学>関大・立命
  • 国語
  • 関学>立命>同志社>関大
  • 日本史
  • 関学>立命>同志社>>関大
  • 文系数学
  • 同志社>>立命>関学>関大

スポンサーリンク

総評

あくまで個人的な感覚ですが、英語は同志社・関学が昔から難しく、
立命・関大と難易度にかなり差があると思います。

 

ただし、関大は合格最低点が異様に高いので、
少しのミスが致命的になりやすく、偏差値以上に難しいです。

 

そういう意味では、ある意味立命館の方が狙いやすいかもしれません。

 

国語は関学・立命が難しく、諮問が多いので、そう高得点は狙えないです。

 

逆に、同志社・関大は標準的な問題が多く、センターで高得点取れるなら、
同志社・関大でもある程度高得点を狙えるでしょう。

 

日本史は関学と立命が難しく関学は正誤問題と史料問題が厄介で、
立命館は史料問題と細かい諮問が厄介です。

 

同志社・関大は史料問題が少なく、正誤問題も出ないので、
用語問題をしっかり抑えておけば同志社で8割、関大で9割は狙えます。

 

文系数学は同志社がぶっちぎりで難しく、理系の受験生も多く受験することから
文系受験生にとっては、やや数学受験は不利になると思います。

 

関学・関大は満点が狙えるので、数学が得意な場合、かなり有利になると思います。

 

いくらA判定、B判定を模擬試験で取れていても偏差値だけでは
合格は勝ち取れないことが多いので、

 

今回の記事を総合的に踏まえた上で、相性を考えながら、
受験生は関関同立どの大学を受験するか?慎重に決めたいところです。

 

ぜひ参考にしてください。