受験コラム

関関同立前期全滅、後期で受かるのは難しい?

関関同立に前期入試で全滅した場合、後期入試で受かる可能性について書きます。
まず、昔は関学も後期試験を行っていましたが、現在は行われておらず
現在関関同立で後期試験があるのが立命館と関大のみ。

 

関大にしても立命館にしても定員の枠が狭いだけに競争率が異様に高く、
数字だけ見ると早慶上智並に難しいと焦る受験生がいますが、
決してそんなことはありません。

 

ここで諦める必要はまったくもってないんです。

 

なぜか?

  1. 前期で受かった受験生は後期は受験しないんで
    ライバルが極端に減る。
  2. 出題傾向は前期、後期で基本変わらないので対策が立てやすい
  3. 立命は選択科目がなく後期は2教科なんで、社会が苦手or
    社会が間に合わなかった現役生は有利

ですので、受かる可能性は十分あると言えます。

 

とにかく、2月の入試で失敗しても20日間ぐらいは後期試験に向けて
まだまだ勉強できるんで、過去問で問題を解きまくり、苦手分野を把握し、
参考書や予備校のテキストで集中的に勉強するようにすること。

 

立命の場合は後期は選択科目がない訳なんで、社会が最後まで間に合わなかった現役生や
社会や選択科目が苦手な受験生は大いにチャンスがあります。

 

繰り返しになるけれど、2月の入試で受かった人は受けない訳なんで、
強いライバルというのも相当少ない訳なんですね。

 

実際のところ、関関同立前期全滅でも後期で受かった受験生は山ほどいます。
決してあきらめないで下さい。