関関同立が本命で滑り止めに産近甲龍を併願したい受験生も多いでしょう。
ただし、産近甲龍も人気大学だけに舐めてかかったら落ちてしまうので
併願先もしっかりと検討したいところです。

 

一体関関同立の各大学と産近甲龍のどの大学が併願先として
相性がいいのか?これについて書きたいと思います。

 

まず、関関同立は、昔から比較的問題の相性が良い
同志社・関大タイプ、立命・関学タイプに分かれます。

 

関大の問題を相対的に難しくしたのが同志社で、
英語と日本史は特に相性がいいので、同志社志望の受験生もまずは
関大の過去問で基礎力を身に付けるのが賢明です。

 

産近甲龍では、甲南・龍谷が問題の相性がいいので
併願先として同志社・関大・甲南・龍谷を軸に受験しておくのがいいです。

スポンサーリンク



一方、立命と関学はそこまで問題は似ていないですが、
英語では文法・語法の配点が高かったり、細かい設問が多いのが特徴的で
問題もやや難しいので合格最低点も同志社・関大に比べて低いです。

 

こちらは近大と京産が比較的問題の相性が良いです。
特に近大の問題と相性がいいので、
関学・立命・近大・京産を軸に受験するといいです。

 

まとめると、

  1. 同志社・関大におすすめの併願先は甲南と龍谷
  2. 関学・立命におすすめの併願先は近大と京産

 

関関同立の難易度でいうと、同志社>>関学・立命>関大
産近甲龍の難易度は、近大≧甲南・龍谷≧京産で、
関関同立ほど産近甲龍はそこまで難易度の差はないのが現状です。

 

合格最低点の高い関大や同志社は
1教科でも失敗すると不合格になりやすいので、
高得点勝負が苦手な場合や本番でどうしても緊張して
失敗しやすい場合は関学・立命をメインに受験した方が無難です。

 

以上関関同立と産近甲龍併願先でした。