今年の入試で残念ながら不合格だった受験生で
宅浪で関関同立を目指そうとしているあなたに向けて記事を書きたいと思います。

 

で、宅浪で来年の関関同立入試に合格できるか?なんですけど、
意思が強い、誘惑に負けないあなたなら合格を勝ち取ることが出来ます。

 

スポンサーリンク


実際の例を上げてみましょう。
親の経済的な事情で予備校に通うことが出来ず、
さらには受験費用までバイトして稼げと言われたA君。

 

マクドナルドで清掃のバイトをしながら
受験費用と模試代や参考書代や生活費を自ら稼ぎ、
見事、同志社大学法学部に1浪後合格しています。

 

一方で、予備校に通わず宅浪を選んだB君。
まだ1年もあるわと思い、受験勉強は夏からすると大学生になった友人と
夏どころか秋まで連日遊んでいました。

 

1年後どうなったか?
関関同立どころか産近甲龍にも受からず2浪が決定。

 

さらに、予備校に通わず、自分で勉強すると通信教材で宅浪することになったC君。

 

周りの友人の多くは大学生になり、受験勉強の孤独に耐え切れず、孤独をまぎらわす為に
ネットサーフィンの毎日。関関同立を目指していましたが、
受からず1年後摂南大に進学しました。

 

これはすべて実例です。
実際の話、宅浪を選んだ受験生の多くはB君かC君のようになるでしょう。
受験費用を自分で稼げと言われ、1番勉強時間のなかったはずの
A君のような意思の強い宅浪生のみ成功しています。

 

いいでしょうか?
宅浪はあなたが想像しているよりも遥かにキツイです。

 

自己管理がどれだけ出来るか?で合否が決まってきます!

 

もし親が予備校費用を負担してくれるようなら迷わず予備校に通いましょう。
その方が絶対いいです。