関関同立

関関同立大手企業就職学歴フィルター

今話題になっている大手企業の学歴フィルターですが、
関西の有名私大である関関同立は学歴フィルターに引っかかるか?
について書きたいと思います。

 

まず、有名大手企業就職率ですが、

  • 同志社 27.5% 
  • 関学21.2% 
  • 立命館19.7% 
  • 関大15.7%

となっています。

 

同志社・立命館・関西学院は採用人数こそそこまで多くないものの
普通に有名一流大手企業に採用されています。

 

多くの大手企業には西枠というのがあり、京大・阪大・神大や
市大・府大さらには関関同立の学生を積極的に採用するようです。

スポンサーリンク

 

他に、もともと関西基盤の三大メガバンクやパナソニックやシャープ、
日清食品、武田薬品、三井住友銀行などは
同志社や関学、立命館は積極採用しています。

 

関大だけやや有名大手企業の就職率が落ちるので、学歴フィルターに引っかかて
書類選考で落ちるケースはありますが、それも一部の一流大手企業だけで

 

基本的に関大は産近甲龍に比べるとやっぱり就職率はいいですし
UFJや三井住友等大手銀行等に毎年多数採用されているので、
そこまで気にするほどではまったくもってありません。

 

このように、大手有名企業の場合、
関関同立の学生も多数採用されているので
気にする必要はなく、
行きたい会社にどんどんエントリーした方がいいです。

 

産近甲龍になると学歴フィルターに引っかかるケースがどうしても増えるので、
各企業の採用実績等をよく見ておいた方がいいでしょう。