関西学院大(関学大)を受験するのにおすすめの併願私大を書きます。
まず同難易度である立命館大は受けておいた方がいいでしょう。

 

なぜなら、1番配点の高い英語の問題が関学と立命館で相性が良く、
関関同立で言うと文法・語法問題が頻出されるのが関学と立命館。

 

関大と同志社では文法・語法問題が単独では出題されず長文読解に非常が置かれています。

 

関大も同志社も長文の中で文法・語法を理解していないと解けない問題はありますが、
基本は長文読解メインの出題です。

 

そういう意味でも関学の英語が出来るようなら立命館の英語は簡単に思えると思うので、
英語である程度点数を取れると思われるので、併願私大は立命館がおすすめ。

 

産近甲龍では近大が入試問題との相性が良くおすすめです。
近大も同じく文法・語法を問う問題がたくさん出題されます。

 

次いで立地的に近い同じ阪急沿線の甲南を併願する受験生が多いです。

スポンサーリンク

一方、立地や難易度的に関大を併願する受験生が多いのですが、
偏差値では関学より関大は下でも問題の傾向がまったく異なるので、
舐めてかかると関学に受かる生徒でも関大に落ちます。

 

まず、関大は入試問題が全体的に易しい分、合格最低点がかなり高いので、
文系3教科のうち1教科でも失敗すると合格が困難になるからなんですね。
そういう意味でも関大を併願する際は注意が必要。

 

個人的には関学第一志望の場合、まずは立命館を複数受験する。
次いで関大、滑り止めに近大と甲南を受験するのがいいでしょう。

 

繰り返すと、関学が本命で関大は滑り止めという受験生がいますが、
正直関大を舐めてかかると滑り止まらないので、
近大を始めとする産近甲龍も必ず受験しておく方が安全です。

 

関学受験生はくれぐれも注意するようにして下さい。