近大が関大を追い抜いて関近同立になると一部で言われたりしています。
関近同立とは関学・近大・同志社・立命館の4大学を指します。

 

で、実際のところ近大と関大でどう違うのか?
近大と関大ではどちらに進学したらいいか?をテーマに記事を書きたいと思います。

 

最近志願者数が明治や早稲田を抑えて6年連続1位になるなど全国的にも有名になり、
勢いのある近大が関大を追い抜いた等いろんな話がありますが、
実際近大と関大でどう違うのか?徹底的に比較したいと思います。

 

●偏差値

  • 近大法52.5<関大法57.5
  • 近大経済55,0<関大経済57.5
  • 近大経営52,5<関大商57.5
  • 近大理工50<関大システム理工52.5

※偏差値では文系・理系ともに近大<関大

※河合塾偏差値より

スポンサーリンク

●志願者数

  • 近大119915人>関大82592人

●学生数

  • 近大31585人>関大28642人

●就職

三大メガバンク就職者数

  • 近大43名<<関大162名

総評

全国的知名度・志願者数・学生数は近大が関大を追い抜いたと言えますが、
偏差値や就職実績ともに関大の方がまだまだ上です。
現時点で総合的に近大よりも関大に進学した方が確実にいいです。

 

ただし、近大と関大の差は確実に年々小さくなっており、
近大の躍進は確かにすごいと言えます。

 

このように、近大の躍進によって近い将来関関同立と並んで、
関関同立近と呼ばれる日は近いかもしれませんが、

 

一部で言われているような近大が関大を抜いて、関近同立になるということは、
おそらくまだまだないでしょう。

 

以上近大と関大どちらに進学したらいいか?でした。