関関同立の中でも長年関大だけやや下というイメージで、
関大に落ちると、残りの同志社や関学・立命館に受かる自信がなくなるという人も多いです。

 

気持ちを切り替えていかないと関大に落ちてそのまま関関同立全滅。
このパターンも珍しくなく、毎年よくあるケースなんですね。

 

しかしながら、関大は特に千里山キャンパスの学部の場合、
合格最低点がきわめて高いので、ちょっとのミスが不合格につながり、
偏差値以上に関大は難しいのが事実。

 

ですので、関大に落ちたからといって悲観する必要はなく、
同志社・関学・立命に何が何でも合格すると気持ちを切り替えてください。

スポンサーリンク

 

関大不合格で同志社・関学・立命に受かった実例。

  • 関大(商)×→同志社(商)〇、関学(商)〇、立命(経営)〇
  • 関大(法)×→関学(法)〇
  • 関大(経済)×→立命館(経済)〇、立命館(経営)〇
  • 関大(文)×→関学(文)〇
  • 関大(社会)×→関学(社会)〇、立命館(産業社会)〇etc・・・・・・・

 

関大落ち関学が一番多く、次に立命館が多いです。
関学は問題が難しいので合格最低点も低く、立命館も選択科目が非常に難しいので
関大ほど高い得点を取る必要がありません。

 

関大落ち同志社合格の受験生も意外かもしれませんが、毎年多数います。
関大は繰り返すけど合格最低点が高いのでちょっとミスすると不合格になりやすいから。

 

ですので、関大不合格でも同志社・関学・立命館に受かる受験生は大勢います。
決してあきらめないようにしてください。