大阪府私立高校専願回し合格の場合入学拒否は出来るか?

→残念ながら専願の場合出来ません。

 

例えば、専願でA高校の特進コース志望なのに普通コースに回し合格になった場合
普通高校に入学せざるを得なくなります。

 

だから、普通コースに入学したくない場合、回し合格を最初から希望しないにすべき。

 

よく問題になるのが、大阪より先に行われる奈良の私立B高校に併願で受かりました。

 

奈良の私立B高校とA高校の特進コースは難易度が同じだけど、
普通コースの場合B高校の方が難易度が高い場合。

 

スポンサーリンク

難易度

奈良B高校併願=大阪A高校専願特進>大阪A高校専願普通

合否結果

奈良B高校〇 大阪A高校特進× 大阪A高校専願普通回し合格〇

 

この場合、B高校に併願で受かっても、専願で回し合格になったら
A高校の普通に入学しないといけません。

 

大学受験で分かりやすく言うと、
同志社に受かっているのに関大に行かないといけなくなります。

 

そうならないように、A高校の普通に回し合格になって行くのは嫌な場合、
A高校は特進のみの専願にするべきで、
回し合格は出願の時点で希望しないに〇を付けるように
しましょう。

 

大阪の私立高校は事前相談が行われているので、
各中学校があなたの実力テストや内申を持って志望高校を回ります。

 

そこである程度の内定があり、その時点で特進×普通〇などコースまで
振り分けている学校もあるという話です。

 

だから、回し合格を希望しないなら、
進路相談の際にちゃんとその旨を言っておかないと
後でトラブルになるケースも事実としてあるのです。

 

そうならないように、
受験校は回し合格になった場合も考慮して慎重に決めるようにしましょう。