四天王寺高校主な併願先一覧2020

●私立

  1. 帝塚山女子英数
  2. 京都女子Ⅱ類(※受験日が違う場合)
  3. 西大和学園

●公立

  1. 北野高文理
  2. 天王寺高文理
  3. 大手前高文理
  4. 茨木高
  5. 三国丘高
  6. 四条畷高
  7. 奈良高
  8. 畝傍高ほか

総評

女子最難関の四天王寺高校の併願先は私立専願の場合
受験日の前に行われる奈良の名門帝塚山女子英数コースが多く、西大和学園はトップ層のみ
併願し、受験日が違う場合は京都の京女を併願する場合がある。

公立の併願先は北野・天王寺・大手前・三国丘・奈良・畝傍など
大阪・奈良の公立トップ校の併願が多い。

公立トップ校の中でもワンランク下がる高津高校や生野高校、岸和田高校などは
四天王寺は難しいので併願先として昔から敬遠される傾向がある。

大阪の女子校の中では四天王寺は頭一つ難しく、進学実績も抜けているだけに
四天王寺を専願する受験生も非常に多い名門進学校である。