兵庫県私立

灘高校主な併願受験先一覧

西日本で最も難しい灘高校の併願先について紹介します。
灘高校は高校からの外部募集定員は1クラス分の約40名となっています。

灘高校主な併願受験先一覧

私立

  1. 東大寺学園
  2. 西大和学園
  3. ラ・サール高校
  4. 久留米大付設高校

スポンサーリンク

公立

  1. 北野高校文理 
  2. 天王寺高校文理 
  3. 堀川高校
  4. 神戸高校

総評

灘は関西在住の場合多くが灘が第一志望で受験日の早いラ・サール高校、
奈良の東大寺学園か西大和学園を併願する受験生が多い。

一部北野高校文理学科・天王寺高校文理学科の公立トップ受験生が力試しで
灘を併願するケースがあり、意外にも灘合格辞退者が毎年5名前後いる。

近年九州の大手塾の受験生が力試しに灘を受験するケースが増えており、
灘高合格者数NO.1の進学塾は関西からではなく九州になっている。

首都圏から開成・筑駒など第一志望の受験生が遠征で灘を受ける場合もあるが、
灘中に比べるとその数は圧倒的に少なく、基本的には西日本エリアからの
灘高受験生が多いのが現状である。