関関同立(関大・関学・同志社・立命館)とMARCH(明治、青山学院、立教、中央、法政)
どちらが難しいか?

 

結論から言うと、ちょっと前までは関関同立もMARCHも差はほとんどなく、
言わばどんぐりの背比べでした。

 

偏差値の順で言うと以前は、

同志社≧立教、明治>立命館、青山学院、中央、関西学院>法政、関西

これが現在は、

明治≧立教・同志社・青学>中央>関学・立命館・法政>関大

スポンサーリンク

 

こんな感じで同志社のみMARCHと互角かちょっと上、
他の関関立はややMARCHより下になりつつあります。

 

関西には早慶上智クラスの超難関私大がないので、
上位層は国公立志向(京大、阪大、神大、大阪市大、大阪府大)の人が多いです。

 

その分、京大本命の人でも滑り止めに同志社を受ける人が多く、
同志社の偏差値は関関同立の中でやや抜けます。

 

就職を考えると、首都圏で就職する場合東京の大学に行く方がやはり有利で、
関西の場合は関大と関学の全国的知名度がやや低く、同志社・立命館に行くのがおすすめ。

 

尚、マーチの下に日東駒専(日大、東洋、駒沢、専修)、
関関同立の下に産近甲龍(京産、近大、甲南、龍谷)があります。
日東駒専と産近甲龍も差はほとんどなく、どんぐりの背比べです。

 

あくまで個人的な見解なんで、結局はあなたの行きたい大学で行きたい学部に行くのが
言うまでもありません。

 

ぜひ参考程度にこの記事を読んで頂けたらろ思います。