関西大学(関大)が第一志望で関大を目指していると、
余裕で産近甲龍は受かりますか?

 

特に現役の高3の受験生から毎年よくある質問ですけど、
関大を目指しているからと言って
産近甲龍を舐めてかかると
まず産近甲龍は落ちてしまいます。

 

いくら産近甲龍の模擬試験の判定がA判定、B判定出ていたとしても
落ちるケースは多々あります。

 

というのも、
産近甲龍不合格で関大合格の受験生なんて毎年いくらでもいるし、
特に近大・甲南・龍谷は関大と各入試科目問題形式も違うので、
一切入試対策をせずに受験にのぞむのはかなり危険だからです。

 

関関同立でもトップの同志社に受かるかどうかのラインの人は
さすがに産近甲龍は特別対策しなくても受かることが多いです。

 

しかし、関大第一志望で産近甲龍の過去問も入試対策も
一切せずに産近甲龍を受験すると
かなり危ないので、
舐めてかからないようにして下さい。

 

産近甲龍の中でも近大・甲南・龍谷は学部によっては
関大とそこまで変わらない難易度のところも多々あるし、
繰り返しになるけど、大学によって問題の傾向も各大学特徴があり
違うからです。

 

それから関関同立同様、併願先として産近甲龍を受ける場合
問題の相性が合う受験をした方がより合格しやすく安全です。

 

どういうことか?具体的に説明すると、
例えば英語の入試で言うと、
同志社・関大の問題に近いのが甲南と龍谷で
関学・立命の問題に近いのが近大と京産です。

 

同志社・関大・甲南・龍谷の英語の入試は長文読解重視で
関学・立命・近大・京産の英語の入試は
文法・語法や会話文の比率が高いです。

 

選択科目は数学・日本史・世界史でまちまちなのですが、
1番受験生の多い日本史でも同志社と関大は比較的問題が似ています。

 

産近甲龍では龍谷の日本史が最も難しく関大よりも難易度が高いです。
近大や甲南も教科書の流れを掴んでおかないと厳しいことが多いです

 

それ以外の選択科目については各自出題傾向をよく分析しておいてください。

スポンサーリンク

 

とにかく関大の滑り止めに産近甲龍を受験すると言っても
舐めてかかるとまず落ちるので、

  1. 産近甲龍の過去問で出題傾向を分析し、対策をする
  2. 問題の相性を考えて受験校を決める
  3. 関大本命なら近大甲南龍谷のみならず京産まで受験する

この3点に気をつけるようにしておくこと。

 

特に産近甲龍の併願先の過去問は最低でも3年分ぐらいはやっておくこと。

 

とにかく舐めてかかると産近甲龍は落ちるので、
受験生は気を引き締めるようにして下さい!