関大を受験する際におすすめの併願校を紹介します。
多くの人は同じ大阪府内にある近大を併願しますが、
正直関大と近大では過去問を見ていただくと分かるように
実際のところ入試問題の相性はそこまでよくありません。

 

関大はオーソドックスな入試問題で標準的な問題が多いですが、
近大はやや入試問題に癖があるというのが正直なところ。

 

1番配点の高い英語で言うと、
関大は長文読解重視で文法・語法はそこまで聞かれないのに対し、
近大は文法・語法問題の配点が高く文法が出来ないと致命的になります。

 

日本史でも関大は一問一答形式の参考書を1冊仕上げておけば
ある程度いけますが、近大は正誤問題もあり、流れを把握しておかないと
答えにくい設問が結構あります。

 

なので、関大と近大で出題傾向がまったく違うので、
偏差値の高い関大に合格したのにも関わらず、近大に落ちてしまう受験生が毎年多くいます。

スポンサーリンク

 

そういう意味でおすすめの併願先は、
産近甲龍で言うと、甲南と龍谷で次いで京産です。

 

ただし、甲南は入試日程が思いっきり被るので、龍谷メインに受験しておくのが理想。
龍谷・近大より若干難易度が下がる京産大まで受験しておくと尚良いでしょう。

 

ただし、産近甲龍も入試対策をせずに入試に挑むと
関大志望の場合でも落ちてしまう受験生が多々います。
要は産近甲龍を舐めてはいけないんですね。

 

もっと安全に行きたいのであれば、
立地的にも近い大阪経済大(大経大)や摂南大なども併願先として
考えておいてもいいでしょう。
理系ならば就職の強い大工大もかなりおすすめです。

 

まとめると、

  1. 多くの受験生は関大と近大を併願するが、問題の相性を考えると甲南・龍谷の方が良い。
  2. 甲南は入試日程が被るので、龍谷メインで京産も受けておいた方が良い。
  3. 安全にいくならば文系だと大経大や摂南、理系だと大工大が併願先としておすすめ。